キルダケスリムで産後すっきり体型に

あなたは産後の体型崩れに悩んだりしていませんか?産後は骨盤が開いたままになっています。しっかり元に戻さない場合には、骨盤が開いたままで、産後太りとなりますよ。そこでキルダケスリムを着るだけで、産後太りを解消してみましょう。

ちなみに、キルダケスリムはバストの悩みも解決してくれます。普通は、胸が小さいという方がほとんどでしょう。小さい胸を大きくしたい、そんな願いを叶えるのがキルダケスリムです。ですが、胸は小さくなくてもバストの悩みを抱えている方もいます。妊娠中、授乳中、産後のママたちです。

妊娠中はバストが大きくなるから悩む必要なんてないのでは?と思うかもしれませんが、授乳中や産後は別の悩みがあります。そう、バストが垂れてしまうこと。いくら大きさがあっても、垂れてしまったバストは魅力的とは言えませんよね。

そんなママたちのバストの悩みを、キルダケスリムはサポートすることができます。妊娠中は、これから授乳を控えているのでバストが大きくなります。人によっては2カップもサイズアップするとか。

でもこれはあくまで授乳のため。その後はしぼんで垂れてしまうので、本当のバストアップとは言えません。こうして大きくなったバストは授乳後に元のサイズにもどりますが、表面の皮膚や内部でバストを支えているクーパー靭帯は伸び切ったままになってしまいます。だから、産後はバストが垂れてしまうのです。

妊娠、授乳で形が崩れてしまうバスト、授乳中や産後も形を崩さないようケアをするのが大事です。そこで、キルダケスリムのようなナイトブラの出番。でも、妊娠中や授乳中はバストを締め付けるのは良くないと言いますよね。キルダケスリムを着ても大丈夫なのでしょうか。結果から言うと、大丈夫です。

キルダケスリムはノンワイヤー、ノンホック、ノン金具。締め付けがきついようなイメージですが、実は普通のブラよりも締め付けにくくなっています。ナイトブラは睡眠時のことを考えて作られているので、肌に食い込みにくく、不快感とならないような形状であることが基本です。キルダケスリムは妊娠中、授乳中、産後のママたちも安心して着用することができます。

妊娠でいつもより大きくなったバスト、寝るときに横に流れて不快に感じる方もいるのでは。特に胸が張っているこの時期は、横流れするのが辛い時もあるかと思います。

授乳用のブラや普通のブラでは、この横流れを防ぐことはできません。これは、寝ているときのバストのサポートを目的としたナイトブラでこそ防げること。キルダケスリムで横流れを防ぎ、気持ちよく眠ることができるでしょう。また、産後に垂れてしまうバストもケア。産後にバストの型崩れを防ぐためにも、妊娠中からバストケアをしてあげることが大事ですね。

>> キルダケスリムの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする